当院の整体(GP法)では筋膜というものを非常に重視しています。

そして、この筋膜、英語で言は”ファシア(fascia)”といいます。

ですが・・・、

はっきり言って、ファシアを日本語で筋膜と呼ぶことには少々問題があったりします。

日本語の筋膜という言葉そのものの語感から、筋膜というのは筋肉を包む膜のみというイメージで受け止められる事が多い様です。

ファシアという言葉は、筋肉を包む膜だけではなく、腹膜や胸膜、真皮や骨膜などのいわゆる膠原繊維(コラーゲンファイバー)等の総称のような意味で用いられている言葉のようです。(突っ込まれ無いように一応書いておくと、結合組織には他にもあるが省略。)

広い意味では、脳を包んでいる硬膜もこの中に含めても良いのではないかと思います。

つまり、脳も脊髄も骨も内臓も筋肉も、肉体を構成している成分は全てこのファシアによって包まれており、このファシアは全身を連続的に繋いで相互の関係を作っているというように考える事が出来ます。

ちょうど腸詰ソーセージの肉は断続的に別々に存在していますが、その皮は最初から最後まで連結していて、連続的に存在しているというイメージです。
(人体は軟構造で出来ています。最近は地震などの関係から家などの建築物でもこの軟構造という事が考え直されてきていますね。Tenは元々機械屋なのでこの考え方は非常にしっくりきます。)

では、このファシアというのはどういう構成からなっているのでしょうか?

これは、鼻をかむティッシュペーパーを想像してもらうとちょうど良いです。

結合組織と言う意味で、コネクティブティッシュという言い方もありますが、丁度ティッシュペーパーのように、コラーゲン繊維が並ぶ形で一つの膜(不織布のような?)を形作っているのがファシアと言うものになります。そして、その間に弾性組織であるエラスチンもあります。これによって適度な伸縮性と強度(靭性)を持つ繊維と成っています。

これが、全身の殆どの組織を包む形で連続的に存在しています。

つまり、内臓であれ、骨であれ、筋肉であれ、脊髄や脳であれ、全ての組織に問題が生じれば、それはそのまま、それを包んでいるファシアにも影響が生じます。

例えばつま先のファシアに問題が生じれば、連続的に繋がっている手の指先のファシアにまで影響を及ぼします。当然その途中にある内臓を包んでいるファシアにも影響を及ぼします。

そして、それらの組織が回復をしようとしても、ファシアがその影響によって障害を残したままだと、機能の回復にも障害が出来ますし、回復を阻害する要因にもなります。

また、それと繋がりの強いファシアにも影響を及ぼす事で二次的な機能障害を引き起こす事もあります。

そのため、それらに関連するファシアを整える事は、それらの組織が回復しようとする働きを阻害する原因を除去することで回復を早め、より正しい状態に戻る手助けもする事になります。

オステオパシーの基本原則の一つ、全身を一つのユニットとして見るというのは、この筋膜の存在によって説明すると理解しやすいです。(これだけではないですが。)