この記事を読むのに必要な時間は 659位です。

ようやく読み終えました。

最近一部で流行してる本。


医者も知らないアドレナル・ファティーグ―疲労ストレスは撃退できる!
面白い内容でした~。

アドレナルファティーグって?


日本語訳で「副腎疲労」って訳されてるんですが、

副腎が働き過ぎて機能低下する為に出る症状なんですね。

副腎疲労症候群っていうのはこの本の著者が提唱したもので比較的新しいものらしいです。

なので、ごく一部を除いた日本のほとんどのお医者さんはその名前すら知らず、なので普通の病院に行ってお医者さんに話をしても相手にされないことが多いとか。

ところが、この本によると、今から200年前位の医学書にも記載されていて80年ほど前までは(アメリカの)普通のお医者さんでも知っていたんだそうな。

ところが現代の医学教育から排除されて全く顧みられることがなくなってしまったものらしいです。

副腎の目的とは

副腎の目的とは、カラダがストレスに対処し、生き延びることを助けることである。

副腎とそこから出るホルモンは、色んなものに影響を与えるわけですが、

怪我や病気、仕事や対人関係、その他ありとあらゆるストレスに対処することが出来るようにするのがその仕事の一つで、

そのようなストレスの蓄積が、副腎を疲労させて、いろんな症状を引き起こすんです。

そして、その副腎疲労があるレベルを超えると、様々な症状が出てきます。

その代表的な症状は


・朝起きるのがツライ
・疲れが取れない-ぐっすり眠ってもまだ疲労感がある、さわやかな朝が訪れない
・塩辛い食べ物が無性に欲しくなる
・倦怠感(エネルギー不足)
・日常的なことが、とても疲れる
・性欲の低下
・ストレスに対処できない
・病気や怪我、外傷(トラウマ)から回復するのに時間がかかる
・頭がクラクラする
・人生のすべてが虚しく感じる
・PMS(月経前症候群)の悪化
・コーヒーやコーラ、チョコレート等がないと、仕事が出来ない(頑張り続けられない)
・思考が定まらず、ボーっとする
・朝や昼はぼんやりしていて、夕食後やっと元気になる
・仕事がはかどらない(体力・気力が低下して、続けられない)

という感じ。

この中のいくつかが当てはまる場合はアドレナルファティーグの疑いがあるかもしれません。

実際、認知されていない症候群なので、病院では「うつ」と誤診されてうつ病の薬を出されたり、(そうなると症状は固定化され、当然のことながら良くなりません。)

不定愁訴からいろんな病院をたらい回しにされた挙句に精神的な問題だと言われたり・・・、


じゃあ、その対処法は?ということになりますが、


それは大きく3つ。

1つ目は、


身体的、情緒的、心理的、環境に由来するもの、感染症に由るもの

等々のあらゆるストレスに対処するために、副腎が頑張りすぎて参ってしまうわけなので、

このストレスを軽減する事を心がけるのが有効です。

心理的なストレスの場合は、カウンセリング等でストレスの捉え方を変える等々の心理的な方法も有効で、

ちょうどTenが最近数ヶ月に渡ってニュースレターやこの指とまれの記事で連載してるリソースを増やす方法なんかもかなり有効です。

2つ目は、


栄養です。

まずやりたいのは糖質制限です。

砂糖をとにかく減らしましょう。
出来れば白米も精製度の低いものに買えるだけでも違います。

そして、

副腎がホルモンなどを円滑に出せるために、その材料になる栄養素が十分にあると良いので、

必要な栄養素を十分に取りましょう。

と言っても、食事を気にするのはもちろんですがそれだけではとても足りないので、サプリメント等で取るのが大事です。

これも、当院に来る人には栄養の話をすることが多いんですが、

必要な栄養素っていうのは分子栄養学で言うものとかなり近いです。

分子栄養学で、普通の病院とかでは治らなかったうつ病や自律神経失調症やその他の様々な症状が良くなるっていうことが実際に多くあるんですが、

普通の人に必要な栄養だけでは量が足りないってことは、どこか他でそれを必要以上に消費している場所があるんだろうな?って思ってたんですが、

この副腎疲労が一つの答えなのかもしれないなと思いました。

副腎が疲弊して、必要な栄養素をココでバンバン使っちゃうから足りなくなるっていうのもあるんでしょうね。

ということで、

まず特に大事なのは、

ビタミンC

ビタミンB群

特にパントテン酸(ビタミンB5)とナイアシン(ビタミンB3)ですが、他のビタミンB群も。
・マグネシウム
・ビタミンE

で、それ以外の栄養もバランスよく取る必要があります。
(必要な量も書こうかと思いましたがやめときました。)

日本の薬局で普通に売っているマルチビタミンとかだと分量が足りなすぎるので、アメリカからの個人輸入とかで買うとかなり高容量なのが手に入ります。

実はTenも数年前から買って飲んでますが調子良いですよ。(^^)

例えばこんな所でも買えます。




個人的に自分も飲んでてオススメなのはアライブ!(ナチュラルマルチビタミン&ミネラル)かな?(^^)



3つめは、


やっぱり大事なのがカラダを整えることです。

カラダがちゃんと整っていないというだけで既にそれがストレスになりますしね。

また、副腎に対しても直接アプローチしたり、カラダの遠い場所からそこを狙ってアプローチしたりも出来ます。

そして、カラダが整ってくると、疲れにくくもなりますし、循環や代謝も良くなるので全てに置いて良い影響が出てきます。



この3つのことを出来る範囲でやっていくというのがひとつの対処法になるのかなと思います。

ってことで、今までやってきたのは間違ってなかったな~ってのが再確認できたし、面白い本でした。

ココでアドレナルファティーグの自己診断テストが受けられますよ!

アドレナルファティーグの自己診断テスト

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9439232636680562"
data-ad-slot="5972288620">