この記事を読むのに必要な時間は 255位です。

ども、Ten整体院院長のTenです。

ちょっと前に原始反射のセミナーに行ってメチャメチャ良かったので、

原始反射について書こう書こうと思っててなかなか書けなかったんですが、これからちょっとずつ書いていこうかなと思います。


といっても・・・、

まあ、いきなり”原始反射”なんて言われても、

「なんじゃそりゃ?」

って思いますよね?


そもそも原始反射って何かというと・・・、


ウィキペディアによると、

原始反射(げんしはんしゃ、英: primitive reflexes)とは、幼児が特有の刺激に対して示す、中枢神経系によって引き起こされる反射行動のことである。この反射は、子供が成長して大人になり、前頭葉が発達する過程で失われていくものである。
ウィキペディアより引用]


ってことで、乳幼児が小さい頃に持っていた反射のこと。

これだけじゃ分かりにくいかもですが、

赤ちゃんが生き残るために本能的に備わっている反射といっても良いかもしれません。


通常は時期が来ると統合されて無くなっているということになっているんですが、

必要な学習をせずに次の段階に進んじゃったりすると統合しきれずに部分的に残ったりとか、そういうことがあるみたいなんですね。


そして、そういう人って実は結構いるみたい。

というよりも、どうやらかなり多くの人に何らかの原始反射って残ってるみたいなんですね~。


スキップが出来ないのも原始反射のせいかも?


先日出た原始反射のセミナーの中で、スキップがうまく出来ない人がいたんです。

イメージとしてはこんな感じ?



僕は知らなかったんですが、このアナウンサーがスキップが出来ないっていうのは有名なんですね。

まあ、ココまでではなかったですが、セミナーの中でスキップが出来ない人がいました。

それが・・・、

ナント!

ほんの10分やそこらの原始反射の施術をしただけで、スキップが普通に出来るようになって、会場のは拍手喝采でした。

他にも原因はあるのかもしれませんが、

もしかしたら原始反射が残っていて、それが邪魔をしてスキップが出来ないなんてこともあるのかもしれないですね。


他にも原始反射が残っていると色んな問題を抱えて生きづらくなったりとかありそうです。


発達障害の子どもだけでなく、大人でもなんだかわからないけど生きづらいっていうことにこの原始反射は関わっているかもしれませんね。


原始反射って、反射なので意識レベルでコントロールする以前の、勝手に反応しちゃう反射なので、

どんなに強靭な精神でそれを抑え込もうとしたって、勝手になっちゃうんですからね~。


逆に言えば、原始反射が解消されれば、

どんどん自由に制限もなく色んなことが出来るようになるってことかも~?


なので、これはとっても楽しみな方法です。


自分の備忘も兼ねて、ちょっと原始反射についてこれから紹介していこうと思います。


ちなみに参考図書その1はこちら

人間脳を育てる 動きの発達&原始反射の成長

人間脳を育てる 動きの発達&原始反射の成長

灰谷孝
2,160円(02/16 09:45時点)
発売日: 2016/06/22
Amazonの情報を掲載しています