ども、Tenです。

先日のライブセミナーで、

「基本の検査以外にする検査はありますか?」

って質問に、

「必要があれば神経学的な検査とかもすることありますよ〜。」

って話をしたんですが、

こういうこと言うと不思議なもんで、そう言うお客さん来るんだね。

まずは目の動きを見たら、

左大脳低下かな?

って感じで、

そこから話を色々聞くと、

「以前、眼科で網膜検査したら、

盲点が広がってるけど細胞死んでるからもう治らないよ」

と言われたんだそうで・・・、

ホンマかいなと。

ってなわけで、久しぶりにブラインドスポット検査なんてもんをやって見た。

もう何年ぶりだろ、こんなことするのって。

結果は、右目がかなり見えてないんだよね〜。

僕も驚いた。

でも、こりゃあ違うだろうと。

で、最初は打腱器で刺激でも入れようかと思ったけど、それじゃ面白くないので、

左右の緊張の差を整えるつもりで左右にわざと偏差をつけてのGP法で施術。

右の腎臓と副腎が気になったのでそこはしっかりと。

あとは、多分ストレスもあるだろうな~ってことで、

視床下部と下垂体もねらってGP法で調整。

施術を一通りやってから、再度ブラインドスポット検査すると、

しっかりと見えるようになってました〜!

上が施術前で下が施術後です。

施術終わってから色々話を聞いたら、やっぱりストレスだよね〜。

簡単な自己ケアも教えときました。

たまにはこういうこともやんないとやり方忘れちゃうよね。(^_^;)