こんにちは、Ten整体院院長のTenです。

今日は、「愛知県療術師会」の総会に参加してきました。

「療術」って単語、一般の方はあまり聞き覚えのない単語に思えるかもしれませんが、

整体とか手技療法って、ジャンルとしては「療術」になるんですよね。

だから、職業欄とかには、整体師とかって書かないで、「療術業」って書くのが正解だったりするんです。

念のためにと思って、

試しにウィキペディアを調べてみると・・・、

・・

・・・、

現在ではほぼ死語であり、一般的には使われていない。

なんだとぉ~!!!!!

ヽ(`Д´)ノプンプン

いや、死語ではないと思うんだけど・・・、

ウィキペディアにそんな事書かれちゃうくらい最近では一般的じゃないんだろうか?(・_・;)

というよりも、あのウィキペディアの療術の記述はかなり悪意を感じるね~。

そもそも、無制度の医業類似行為(国が定めた法律がそもそも存在しない)がなぜ今こうして出来ているかというと、

昭和35年1月27日の最高裁の判決があるからで、

なぜそんな判決が出たかというと、

当時の全国の療術師会の先人たちが頑張ったからなんですよね。

今どきは整体やってる人でもこの事知らない人が多いみたいでビックリなんですが。

ちなみに、母体の全国療術師協会って昭和22年に設立され、国会の衆議院議員会館にも「療術治療室」があったりする、結構由緒のある団体なんです。

ま、そんな話は置いといて、

総会もつつがなく終了~。

その後は、みんなでお弁当~。

ビールも出たんだけど、車で行ったのでおあずけです。(T_T)

その後は、仲の良い先生方と、近くのコメダに移動して色々お話。

久々に仲間の先生方と色々お話出来て楽しかったです。(^^)