この記事を読むのに必要な時間は 240位です。

ども、Ten整体院院長のTenです。

たまには症例的なのも書いてみようかな?

ってことで、

腰痛で来院されたお客さんです。


★初回

最初話を聞くと、もともと腰痛はあったが、1年前に交通事故にあってから腰痛が悪化したとのことで来院。

カラダをサーチしていくと、左肩甲骨下角で反応したので、そこでTLすると、

全身の圧痛がほぼ取れちゃう。

なのでそこをGP法で施術して、あとは残った部分を施術して結構良い感じ。

★2回目

ところが、1週間後、再来院時に話を聞くと、

2日位は良かったが、その後だんだんと痛みが戻ってきたとのこと。

全身サーチして、やはり左肩甲骨下角でTLすると全身の圧痛も腰の動作痛もかなり良い

ということでそこをもう少し細かく施術

だいぶ良いけどまだ腰の動作痛は残る。

更にみると、みぞおちの辺りに何かあるので、そこをGP法で施術して、
さらに全身残った部分を施術。

痛みは少し残ったが、これで様子を見てもらうことに

★3回目

3週間後位に再来院、

やはり最初は良かったがすぐに戻ったのと、さらにみぞおちの辺りがたまに痛いときがあるとのこと。

なんでだろ~?と思いながら全身サーチ。

今回は左肩甲骨下角では反応しない。

なぜだか右後頭骨で反応、さらにお腹は色んな所がバランス取れてない感じで・・・、

今回はお腹をメインにいろいろ全身調整。

痛みは取れるんだけど、なんだかな~と思っていたら・・・、

★4回目

2週後再来院時、話を聞くと、

なんと、病院で検査したら十二指腸潰瘍の診断!

いろいろ話を聞くと、昔から消化器系が弱くて、今までに上行結腸炎やら潰瘍性大腸炎などもやっているって、

そうか~。

更に話を聞くと、帝王切開で生まれてるんですね。

そっか~、そこまでは聞いてなかったもんな~。

腸内細菌って、基本的に出産時に母親のものを受け継ぐって言われてますが、

帝王切開の場合それがなくて、基本的に出産後に触れたものから腸内細菌を取り込むので、腸内フローラがあまり元気じゃないことが多いんですね。

だから、そういう消化器系の問題だったり、アレルギーだったり、普通分娩の人に比べてどうしても多くなっちゃう傾向があるらしいです。

ということで、やはり腸内フローラを元気にするようなことをするってのが大事になってくるんですよ~。

なんてお話をしながらの施術。

お腹をさらに細かくサーチして、上下腸間膜動脈と門脈系を中心に施術して動いてもらったら、

「痛くな~い!」

ということで、施術終了。

次回来院時にどうなってるかな~?

ちなみに、色々自分の体を使って人体実験した結果、

最近これが良いかな~って思ってるオススメのサプリはこれですね。