こんにちは!

Ten整体院院長のTenです。

長年整体やってると、

良くなる人もいれば、なかなか良くなってくれない人もいます。

そんななかなか良くなってくれない人の何割かに存在する問題の一つに

「心理的逆転」

というのがあります。

心理的逆転というのは、

ものすご~く単純化して言うと、

何かをやりたい!
とか、
何かを変えたい!
とか、
良くなりたい!
とか・・・、

そういう気持ちがあった時に、意識レベルではそうしたいと思っているのに、
無意識レベルでは逆転しているような状態です。

わかりやすい例でいうと、ダイエット。

「痩せたい!!」

って切実に思っていても、なかなか運動も出来ないし、食事の制限も出来ない。

これだけ切実に思っているのに、気がついたら何か食べちゃって・・・、

あるいは、いっときは必死に頑張るけど、気がついたら戻っちゃって・・・、

そんな時に起きている減少、それが心理的逆転です。

ではなぜそんな事が起きるのか?

顕在意識(普段の知覚している意識)と潜在意識(いわゆる無意識)って、

良く氷山の一角というように例えられますが、

顕在意識というのが氷山の水面から出ている部分とすると、

その下にはものすごく大きな氷が水面下にいるわけです。

これが潜在意識。

最近では、顕在意識と潜在意識は、

顕在意識:潜在意識=1:10,000

位はあると言われていたりします。

1の意識でいくら切実に思っていても、

1万の潜在意識がそれを求めていなかったら・・・、

一人と1万人が綱引きしてるようなもんなので、勝てるはずもないですよね?

仮に、強靭な精神で無理やり頑張っても、

一時は良くなるかもしれませんが、すぐに引き戻されちゃうんです。

実は、整体に来る人にも結構心理的逆転を持っている人がいます。

意識レベルでは「良くなりたい」と思っていても、

無意識レベルでは「良くなりたくない」または「良くならないほうがメリットがある」と感じている状態なんですね。

だから、

施術してもなかなか良くならなかったり、

あるいは、その場所が良くなると、次には違う場所が悪くなったといい、

そこも良くなっちゃうと、さらに違う場所が悪くなったと言って来院されます。

そして、あまり簡単に良くなっちゃうと、段々と良くなりにくい複雑な症状に変化していって、どんどん難しくなっていったり・・・、

それは、カラダに何か症状があることで、無意識レベルでは何か得がある、あるいは過去に得があった経験が無意識に刻まれていて(本人にも気付かないうちに)自動的にそれが引き起こされてしまったり・・・、

そんな事が起きたりします。

だから心理的逆転の有無を検査して、先にそれを解消しておく必要があるんですね。

心理的逆転の修正

実は昨年末にこの方法に気がついちゃったんです!

っていうのは、DVDで紹介しているルーチン、

これをやると、何故かかなり色んな症状が勝手に改善しちゃう、

これって何故なんだろう?

っていうのが実は疑問だったんですが、

知人と話をしていて、ふと気がついたんです!

「もしかしてこれって心理的逆転を知らない間に修正していたんじゃないの?」

って。

それから色々と試行錯誤を重ね、

「やっぱりこれって心理的逆転を修正するテクニックだったんだ!」

ってことが分かったんですね。

DVDでも紹介しているあるテクニックをやると、心理的逆転が修正されちゃうんです!

なんだかスッキリ!

これで、訳のわからない症状がなんで勝手に良くなっていっちゃうのか?っていうのが説明できるようになりました。

そして、そこからさらに試行錯誤を繰り返して、

さらに色んな問題に対応できるようになってきています。

まだまだGP法、進化してますよ~!

いつかこれもまとめて紹介しないとね~。

心理的逆転についてもうちょっと解説