この記事を読むのに必要な時間は 126位です。

ども、Tenです。

最近ちょっと苦戦していたお客さん、

主訴は首の痛みですが、

施術をするとその場では良くなるのに、しばらくすると戻ってくる。

といっても前回来たのが2ヶ月位前なのでそれなりに保ってはいるんですが、戻ってくる時にはまるで寝違えみたいに首が動かせなくなってくるみたいで・・・、

で、ちょっと気になってたんです。

「何か他に見つけきれてない原因(Aさん))があるんだよな~、どこだろ?」

って思いながら、過去の施術記録みていたら、

ふと気がついたのが、半年前に左目の白内障の手術をしていて、それ以前は首はなんともなかったのにその後から首の痛みが出てたってことに気がついたんですね。

「おお!そうかそうか!」

と、手ぐすね引いて来院を待っていたんですが、

色々調べていくと、やっぱりその手術の記憶が問題でした。

こりゃ気づかんよね~。(^_^;)

で、眼球を使ってその記憶のトラウマを取ってから、首の動作を再チェックしてみると、

ナント!

それだけで屈曲伸展時の痛みは無くなって、左右側屈の痛みは半分以下。

そこからさらに肉体的なAさんを探していくと、

右の眼窩上あたりなので、そこでTLすると痛みはさらに無くなってました。

なので、後谿の緊張をGP法で取ってみると、他を何もしなくても殆ど良い状態に。

やっぱり過去の記憶とか感情とか、肉体以外に原因がある場合もあるので、ちゃんとそういうのも普段から意識しておかなくっちゃな~とチョビッと反省しました。

でも、おかげで良い勉強になりました。(^^)