ども、Tenです。

年末というかお正月休みにサーバーをロリポップからエックスサーバーに引っ越したわけですが、

噂通り確かに引っ越しただけで表示スピードは上がったものの、

「もっと高速化した~い!!」

って思って、色々調べながらやってみたので、備忘を兼ねてその内容を書いてみます。

「W3 Total Cache」を入れて大失敗

ちょっと前に違うサイトを見て、「W3 Total Cache」ってプラグインを入れてたんですが・・・、

パソコンとスマホで表示を変えるように設定してたのに、それがこのプラグインを入れると反映されなくなっちゃってたんですね。

気がついてビックリ!

なので、すぐさまこれは消去!

そして新たな方法を探して実際にやってみたその備忘です。

ってことで、まずは現状把握

ちなみに、パフォーマンスの測定はココを使いました。

GTmetrix

参考にしたのはこのページです。
「賢威6.1のブログを高速化するための7個の方法」

GTmetrix
を使ってまずは今の状態を見てみると、

HP1setteimae

こんな感じ。

「Page Speed Grade」も「YSlow Grade」もDランク。

ロードタイムは6.08秒

まあ、こんなもんだよね。

まずは「DB Cache Reloaded Fix」を入れると、

HP2DB Cache Reloaded Fix

あまり変わんない。

っていうか、ロードタイムはかえって遅くなってる。

でも、まあ誤差範囲かな?

ってことで、つぎつぎ~。

「MO Cache」と「WP File Cache」を入れる

HP3MO Cache&WP File Cache

ん?

グレードは変わらんものの、

ナント、ロードタイムは倍に!

めっちゃ遅くなってる~。

でも、このプラグイン、効能みると効果あるはずだよね~って言うことで、取り敢えずこのまま次に行ってみる。

「wp minify」を入れると、

HP4wp minify

おお、早くなった~!

スゴイね。

こんなに早くなるんならもっと早くやっとくんだったって位はやいね。

調子に乗って、次に~。

「.htaccess」を書き換えてブラウザキャッシュを設定する

なんだかよく意味がわからないけど、

.htaccess

に、このサイトに書いてある魔法の呪文を入れてFTPでアップロード。

もちろんすぐに戻れるように変更前のファイルは名前を変えて保存してね。

すると・・・、

HP5browserCash

ロードタイムはちょっと落ちるけど、YSlow GradeがようやくDからCへ。

ロードタイムは誤差範囲かな?

「MO Cache」と「WP File Cache」をやっぱり外してみる。

これで良しにしようかと思ったけど・・・、

やっぱり「MO Cache」と「WP File Cache」を入れてロードタイムが倍になったってのが気になるので、

やっぱり外してみることに。

この2つはセットでって書いてたから2つ入れて測定したけど、

一つづつ外して様子を見る。

まずは「MO Cache」を外すと、

HP6-MO Cache

あれま、やっぱり早くなるね。

そしてさらに、「WP File Cache」を外すと、

HP7-WP File Cache

今度は遅くなる。

なんでだ?

これは誤差範囲なのか?

しょうがないので、今度は「MO Cache」を入れて測ってみると、

HP8MO Cache

ナント、グレード下がっちゃった。

試しに更に「WP File Cache」を入れると・・・、

HP9WP File Cache

ロードタイムは少し早くなるけどあまり変わらない。

結論として、やっぱりこの2つは外しちゃおう。

で、最終的に入れたのは?

まとめると、

入れたプラグインは、

「DB Cache Reloaded Fix」
「wp minify」

の2つ。

あとは、「.htaccess」に魔法の呪文を入れてアップしただけ。

これだけでスピード上がるんですね~。