※現在、Ten整体塾主催の
GP法セミナーは、新規の募集を停止しています。

※現在セミナーは、治療院マーケティング研究所主催で行っています。
まずはGP法無料動画セミナーをご覧ください。


無料動画セミナーはこちらから
「GP法無料動画セミナー」

GP法個人レッスンもやっています!
詳しくはこちらをご覧ください
「GP法個人レッスン」


PayPalでのカード決済について

PayPalではアカウントの開設当初、支払いの限度額が10万円に制限されており、

この限度額を解除しないと、カードによる一括払いはご利用出来ません。
(分割払いは他のPayPal決済との合計が月に10万を超えて無ければ大丈夫です。)

このため、カード決済にてマスターコース等にお申込みの場合、

PayPalのアカウント認証を受けて限度額を解除して頂く必要があります。

PayPalのアカウント認証の手続き

1)PayPalへの登録

PayPalのご利用が初めての方は、まずは登録から。

以下の動画を参考に、登録をして下さい。

2)クレジットカードの確認

最初に、使用しているカードが本人のものであるか確認を行います。

3)クレジットカードの認証

カードの確認が終わると、PayPalから4桁のコード(暗証番号)が発行されます。
このコードは、カードの利用明細に書かれているのですが、利用明細が発行されるまでに時間がかかるため、カードの裏面に記載されている
サービスデスクに電話するのが一番早いと思います。

早ければ翌営業日にはPayPalから200円の一時引き落とし請求が届くので、

『PayPalから200円で請求されている利用明細に書かれた4桁の数字を教えて下さい!』

と、サービスデスクのオペレータに依頼すると良いです。
4桁の数字を書き留めたら、以下の動画でカードの認証を行います。
(※200円の請求額は、24時間以内にPayPalから払い戻しされます)

4)本人確認書類のアップロード

免許証や、保険証などの本人確認資料をPayPalへ提出して、PayPalの
登録住所と、身分証明書の住所が一致しているか、PayPalが確認を行います。

動画では、PayPalへFAX送信をして下さいとありますが、
携帯電話やデジタルカメラで免許証などを撮影して、パソコンに取り込み、
その画像ファイルをPayPalへアップロードするのが早いです。

画像サイズが大きいと、アップロードでエラーとなります。その場合は、
撮影時の画像サイズを小さくしてからアップロードするようにしてください。

本人確認用の暗証番号を入力

本人確認書類のアップロード後、数日するとPayPalからハガキが届きます。
ハガキの中には、本人確認用暗証番号が記載されていますので、
それをPayPalの画面から入力します。

お疲れ様でした。

サブコンテンツ
※こちらもどうぞ!

このページの先頭へ