整体師の先生へ

すでに整体を開業してるんだけど・・・、

  • 「高いお金を払って学校を出たのに、全然良くならない・・・」
  • 「この技術で本当に良いんだろうか?」
  • 「もっと使える技術はどこかに無いのかな?」
  • 「どうやったら良くする事ができるんだろう?」

そんな風に悩んでいる先生方も多いのではないでしょうか?

実際に、Tenのところに相談に来られた方(整体の学校を出て実際に開業している方)に話を聞いていても、
「え?そんな事も習ってないの?」
とか、
「え?カラダの触れ方も習ってないの?」
なんて思うときもあります。(^_^;)

整体を仕事にすると決めて、高いお金を払って学校を出て、実際に開業してはみたけど途方にくれている。
そんな整体師が多くいるのを実際にまのあたりにしてきました。

Tenは10代後半から武術を続けてきたので、人に触れる事や、間や拍子の取り方、人の重心をコントロールする事とか、自分のカラダを細かく使い分けるという事は他の人よりもコツを掴むのが早かったのかもしれません。
ですが、そういう基本的なところでつまずいている人を多く見てきました。

Tenは武術も教えていますので、同じ視点から、
「どうやったら技術の習得が無駄なくカンタンに出来るんだろう?」
「どんな方法・順番で教えれば実際の施術の中で自分の力で技術を高めていける方法を伝えることが出来るんだろう?」
と考え続けていました。

最初は同じ武術を学ぶ仲間達(10年程度のキャリアがある人)に整体を教えてみました。
さすがは日頃カラダの事を考え続けてきた人達で、すぐに習得してくれました。
そのとき、
「こんなにカンタンに習得出来る技術なら、体系を整えれば誰にでも出来る簡単な方法が作れるんじゃないか!」
そう思ってカリキュラムを修正し、まったく素養の無い人にも同じように整体を教えてみるということを続ける中で、ある程度の方法論を確立することが出来たと思っています。
そして、ただその通りに行うだけでも相当の効果がありつつ、しかもそれを続ける事がそのまま鍛錬にもなり、技術の向上につながるようにまとめました。

今使っている整体の技術に疑問をお持ちの”あなた”のためのセミナーです。

まずは、GP法® 基礎セミナーに参加し、基本的な方法を試してみてください。
その後も段階的にステップアップしていけるセミナー構成になっています。

サブコンテンツ
※こちらもどうぞ!

このページの先頭へ