ストレス過多な人にありがちな反応は?-FF反応と、もう一つのF反応

LINEで送る
Pocket

今日もポチッと、ありがとうございます!
一つの端末から1日1回分がカウントされます。
この記事を読むのに必要な時間は 416位です。

ストレス過多な人にありがちな反応は?-FF反応と、もう一つのF反応ども、Tenです。

今日は久し振りに真面目な話。

自律神経ネタです。


以前、自律神経のお話は書いたことありますが、
「整体と自律神経失調症やうつ」

その中でFF反応(闘争・逃走反応)っていうのを解説したんですが、そのお話の続きです。


FF反応(闘争・逃走反応)っていうのは、太古の昔、まだヒトになる前の、まだ動物だった頃にプログラムされた外敵から身を守るための本能的な反応で、

生きるか死ぬかの瀬戸際に、少しでも命を永らえようというためにセットされている原始的なプログラムでしたね。


FF反応(闘争・逃走反応)が起こると?

このFF反応が起こると、

カラダの中では交感神経がバンバン上がって、戦うか逃げるか?どちらにでも対応出来るように準備をするわけですが、

それがどちらも出来ないとなると、

次にどうなるか?

もう一つのF反応、フリーズが起きちゃう。

アクセルとブレーキ


これ、実は高まりすぎた交感神経を副交感神経が無理やり押さえつけるって感じなんですね。

交感神経がアクセルで、副交感神経がブレーキって考えると理解しやすいです。

例えてみればアクセル全開の状態で思いっきりブレーキを踏んだような状態。

その中でちょっとだけブレーキのほうが強い状態って例えればわかりやすいかな?

アクセルとブレーキを両方思いっきり踏み込んだ状態だから、すごく不安定。

ちょっとブレーキを緩めたら、一気に加速しちゃったり、

ちょっとアクセルを緩めたら、一気に減速しちゃったり。



こう考えると、フリーズ状態って、アクセルもブレーキも思いっきり踏み込みながらロックしちゃった状態って考えると分かりやすいかな?

サイレントベビー


ちょっと前から話題になってるサイレントベビーっていうのもそういうことみたいですね。

赤ちゃんは泣くのが仕事。

泣くことによって自分の状態を知らせるわけですが、これってまだ本能で動いているわけですから、FF反応の中で動いてるんですね。

つまり、全力で泣くことが、闘争であったり逃走の反応なわけです。

ところが、それを放置し過ぎるとどうなるか?

やっぱりフリーズ反応が起きちゃう。

アクセル全開で泣いてるのに、それがかなわないと諦めちゃって、ブレーキも全力で踏むようになっちゃうんですね。

そうすると・・・、

心拍数も落ちて、元気がなくなり、活動しにくい身体になって・・・、


サイレントベビーの反応ってこんな感じ

・手足をあまり動かさずじっとしている、
・あやしても笑わない、
・焦点の合わない目で反応が薄い

まさにフリーズ状態なんですね。



これ、大人でも実は一緒なんです。


やっぱり強いストレスにさらされて、それに対してどこにも逃げ場が無い状態になると、

やっぱりフリーズ反応が起きちゃう。

・心拍数も落ちて、
・活力が落ちちゃって、

さらに酷くなると

・なんだか身体に力が入らない感じになったり、
・視界にもなんだか薄い膜をはったような非現実感のある風景に見えたり、
・音も遠くで聞こえるような感じになったり



当院は比較的メンタルな問題を抱えながら体調に問題を持った方が多く来られますが、

そういう人の自律神経のバランスって、結構乱高下する印象がありますが、これで説明できちゃいます。


唾液を使って自律神経の緊張の度合いをみる事ができる装置が当院にはあるんですが、

それで、実際に来られたお客さんのデータを施術の前後で取ることがあります。


そうすると、

施術前にはとんでもなく高い数値(=交感神経が高まりすぎ)が出ているのに、

施術後になると、今度はありえないくらい低い数値(=副効果神経が高まりすぎ)が出てしまうことがあります。

これ、アクセルをめいいっぱい踏みながらブレーキをめいいっぱい踏んでる人が、

施術によってアクセルが緩んだせいで、一時的に急ブレーキがかかったような状態って例えると分かりやすいかな?
seatbelt_yes
でも、こういう理由からってことを考えると、そういう過程をふんで、段々と良いバランスに向かって進んでいく事が出来れば、段々と良くなっていくということが理解しやすいですよね。


そもそも最初にアクセル全開なのが問題なので、まずは踏み込み過ぎなアクセルをチョット緩めてもらって、

そうすると、確かに急ブレーキがかかっちゃうかもしれませんが、原因がアクセル側ですからね。

そもそも、アクセル踏みすぎなことに対処するために、カラダがブレーキを踏みつけてるわけだから、段々と、アクセルが緩んできたら、踏みすぎてるブレーキも緩んできます。

そうやって、少しずつバランスを取りながら、段々と良くなっていく。

そんなイメージを持つと分かりやすいと思います。



豊田市のTen整体院:初回限定割引

いつも応援クリックありがとう!
パソコンの人もスマホの人も、1日に1回ずつクリックしてね。(^_-)-☆


健康と医療 ブログランキングへ

★このブログは愛知県豊田市で整体を行なっているTen整体院院長のブログです。
 是非こちらのホームページもご覧下さい。
  →肩こり腰痛に愛知県豊田市のTen整体院
  →症例集はコチラ Ten整体院の症例ブログ
  →お客様の声はコチラ お客様の声

★整体のセミナーも行っています
  →愛知県豊田市で整体を学ぶ!Ten整体塾

腰痛・肩こりなら豊田市のTen整体院

〒473-0918
愛知県豊田市高美町6-71
HP:http://tenbwl.com/
Tel:0120-93-4815

いつでもどこでも24時間予約が可能な
ネット予約やってます!

お電話でのご予約は、
フリーダイヤル:0120-93-4815
にお電話すると、

「はい!Ten整体院です!」

と、電話に出ますので、

「ホームページを見て、整体の予約をしたいです。」

とおっしゃって下さい。


LINEで送る
Pocket

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも、当記事を読んで気に入っていただけましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。(^o^)

LINEで送る
Pocket

コメントを残す



サブコンテンツ

お電話でのご予約は

ご予約は、ネット予約とお電話で受け付けています。

※初回お試しコースはネット予約のみの特典です。

豊田市のTen整体院・画像6
ご予約の施術コースが決まったら、

まずは 0120-93-4815 へ電話!
(又は 0565-53-4815)

「はい!Ten整体院です!」

と、電話に出ますので、

「初めてですが、ホームページを見て、整体の予約をしたいです。」
とおっしゃって下さい。

そして、
  • お名前(フルネーム)
  • ご希望の日時
  • ご希望のコース  <-- 施術コースはこちらをご覧ください
    (施術中に電話に出る時があります。手短にご予約をするためにあらかじめ施術コースをご確認の上お電話頂けるようお願い致します。)
  • 連絡先
をお伝え下さい。

※施術中等やむを得ず電話に出られない場合があります。
 その場合は、しばらく時間を置いてもう一度おかけ直しください。
※外出中は携帯電話に転送しています。
お電話は午前10時30分より午後21時30分まで受け付けております。
主な手技 整体・オステオパシー・頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルワーク)等
施術時間
受付・施術時間  AM10:30 ~PM 21:30(最終受付20:30)
※月・水・木のみ最終受付21:30)
※火曜日は最終受付16:30)
日曜定休
住所  愛知県豊田市高美町6-71
(刈谷市・安城市・知立市・岡崎市からも近い豊田市の南西に位置しています。)
TEL

フリーコール:0120-93-4815

又はTel:0565-53-4815

施術中や出張中等で電話に出る事が出来ない場合があります。
出ない場合は時間を置いておかけなおしください。
豊田市のTen整体院はこの様なお客様に喜ばれています。 肩こり腰痛ぎっくり腰・頭痛・背中の痛み 等の痛みのある方への施術を得意としています。
また、ストレス・冷え性・ダイエット・生理痛・不妊・産後整体骨盤矯正・疲労回復のため・ホルモンバランスを整えるため、健康管理のために通われている方も沢山いらっしゃいます。
カラダの事でお悩みの方はゼヒ一度Ten整体院の整体をお試しください!
このような地域の方に 喜ばれています。
愛知県 豊田市刈谷市・安城市・知立市・岡崎市・みよし市・豊明市・東郷町・日進市・瀬戸市・名古屋市

このページの先頭へ