オステオパシーとは?


オステオパシーは、アメリカ人で医師のアンドリュー・テイラー・スティル博士によって、1874年に始められた療法です。

外科医であったA・T・スティルは自分の3人の子供を流行性脳脊髄膜炎で亡くすという苦い経験から薬に頼りすぎた現代医学に疑問を感じ、 様々な試行錯誤のすえにオステオパシーを始めました。

アメリカではD.O(Doctor of osteopathy)として医師の免許が許され、正規の医学として認められており、世界中でその効果は認められています。

日本へは明治期に最初に伝えられ、当時の療術家たちによってカイロプラクティック・スポンディロセラピー等の外来の療法や他の伝統的な療法などと融合して日本独自の整体術となりました。近年になり、オステオパシーの新しい技術が日本に導入され、より高度な療術として広まりつつあります。

このオステオパシーは、身体の構造的な異常が正常な体液循環(血液・リンパ液・脳脊髄液等)を妨げる事により、身体の自己調整機能(自然治癒力)が妨げられ、諸々の不調の原因となると考え、骨構造だけでなく膜組織(筋膜・隔膜・硬膜・皮膚等)に働きかけて調整することにより身体に本来備わっている自己調整機能(自然治癒力)を回復させていく療法です。

このオステオパシーには様々なテクニックが有ります。

代表的なテクニックには、以下の様なものがあります。

  1. 頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルワーク)
  2. ストレイン・カウンター・ストレイン
  3. 筋筋膜リリース(マイオファシアルリリース)
  4. マッスルエナジーテクニック
  5. 靭帯性関節ストレイン(LAS)
  6. 内臓マニピュレーション
  7. バイオダイナミクス・オステオパシー

※参考文献
  ・いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力
    アメリカの老オステオパシードクターの深い経験に基づいたいろんな話が書かれています。専門書ではなく誰にでも読みやすいような本です。
  ・->amazonのリストマニア「オステオパシーの本




サブコンテンツ

お電話でのご予約は

ご予約は、ネット予約とお電話で受け付けています。

※初回お試しコースはネット予約のみの特典です。

豊田市のTen整体院・画像6
ご予約の施術コースが決まったら、

まずは 0120-93-4815 へ電話!
(又は 0565-53-4815)

「はい!Ten整体院です!」

と、電話に出ますので、

「初めてですが、ホームページを見て、整体の予約をしたいです。」
とおっしゃって下さい。

そして、
  • お名前(フルネーム)
  • ご希望の日時
  • ご希望のコース  <-- 施術コースはこちらをご覧ください
    (施術中に電話に出る時があります。手短にご予約をするためにあらかじめ施術コースをご確認の上お電話頂けるようお願い致します。)
  • 連絡先
をお伝え下さい。

※施術中等やむを得ず電話に出られない場合があります。
 その場合は、しばらく時間を置いてもう一度おかけ直しください。
※外出中は携帯電話に転送しています。
お電話は午前10時30分より午後21時30分まで受け付けております。
主な手技 整体・オステオパシー・頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルワーク)等
施術時間
受付・施術時間  AM10:30 ~PM 21:30(最終受付20:30)
※月・水・木のみ最終受付21:30)
※火曜日は最終受付16:30)
日曜定休
住所  愛知県豊田市高美町6-71
(刈谷市・安城市・知立市・岡崎市からも近い豊田市の南西に位置しています。)
TEL

フリーコール:0120-93-4815

又はTel:0565-53-4815

施術中や出張中等で電話に出る事が出来ない場合があります。
出ない場合は時間を置いておかけなおしください。
豊田市のTen整体院はこの様なお客様に喜ばれています。 肩こり腰痛ぎっくり腰・頭痛・背中の痛み(背部痛)・頚椎の痛み 等の痛みのある方への施術を得意としています。
また、ストレス・冷え性・ダイエット・生理痛生理不順・月経障害・PMS不妊産後整体骨盤矯正(骨盤の歪み)・手や足のむくみ・外反母趾・低血圧・高血圧・肥満・便秘・多汗症(汗をかきやすい)・おなか太り・下半身太り・足首が太い・不眠・尿漏れ・目の疲れ・姿勢が悪い・二の腕が太い・疲労回復のため・ホルモンバランスを整えるため、健康管理のために通われている方も沢山いらっしゃいます。
カラダの事でお悩みの方はゼヒ一度Ten整体院の整体をお試しください!
このような地域の方に 喜ばれています。
愛知県 豊田市・刈谷市安城市知立市岡崎市みよし市豊明市・東郷町・日進市・長久手市・尾張旭市・瀬戸市・名古屋市
豊田市のTen整体院:初回限定割引

このページの先頭へ